手汗・足汗にはローションタイプ

パースピレックスなら1日ひと塗りで脇汗対策できる

脇汗以外はローションタイプが使用可能です

パースピレックスは、脇汗対策用のロールオンタイプだけではありません。
手のひらの汗や足の裏の汗を抑えるローションタイプも用意されています。

ロールオンタイプとローションタイプとでは、成分の配合量も異なっていて、後者の方が成分濃度が濃くなっています。

  • ロールオンタイプ:塩化アルミニウム10.27%配合
  • ローションタイプ:塩化アルミニウム25%配合

成分が濃い分だけ、制汗作用も強くなるので脇にもローションタイプを使用したくなるかもしれませんが、本来の用途とは異なった使用方法は禁忌です。

塩化アルミニウムは、汗(水分)と反応する事により、水酸化アルミニウムへと変化する時に生じた塩酸が皮膚に刺激を与えます。場合によっては、炎症を引き起こす事も有りますので、脇の下のような皮膚の薄い部分には高濃度はリスクが伴います。

塩酸による刺激を緩和する為に、乳酸アルミニウムという成分も含まれていて、これにより、塩酸による刺激を緩和する働きがパースピレックスの特徴となっていますが、異なる使用方法では、自己責任での使用となるので注意して下さい。

ロールオンタイプとローションタイプのそれぞれの特徴を確認し、脇や手足など、適した場所に使用する事で効果を実感して下さい。