デオドラントとは異なる無臭の制汗剤

パースピレックスなら1日ひと塗りで脇汗対策できる

ニオイの原因そのものの汗を抑えるから無香料

パースピレックスは、制汗作用に特化した製品です。
脇汗を抑えることが出来れば、脇に付着している細菌によってニオイ(発酵臭)が出ることも抑えられるので、香料を含む必要もありません。

香料が含まれている事で、製品の制汗作用が弱くなってしまうと元も子もありませんが、デオドラントとは異なるのでそうした心配もありません。

制汗剤とデオドラントを同じものと思われている場合があるかもしれませんが、これらは、似て非なるものです。

制汗剤は、その名前の通り発汗を抑える働きを備えている薬剤の事であり、デオドラントというのは、日本語では、「防臭・消臭」という意味を持ちます。ニオイを抑える働きと言えば、殺菌する働きや香料を含むものなどがあります。

殺菌は、ニオイの原因と思われる細菌を減らすことによって、脇汗が原因と思われるニオイを防ぐ方法ですが、脇のニオイというのは、細菌だけではなく、汗そのものに含まれている場合もあります。

汗というのは、血液の水分がろ過されて出てきているものなので、食生活や健康状態によっては、ニオイを発しやすい状態にあるという事も可能性として考えられます。

また、香料を含んでいるものもありますが、こちらは、香水と同じような役割があります。

ニオイを抑えること無く外のニオイを重ねる事での誤魔化しは、時として、より不快なニオイとなってしまう場合もあるので注意しなくてはなりません。このようなデオドラントとの違いも含めると、その有効性を感じられるかもしれません。